わきが治療のクリニックが持つ、治療機器の効果とは

剪除法のによる方法

わきが治療では、切除法の他にも剪除法と呼ばれる方法が利用できます。
費用も安く、効果も高いため、この治療法を行なうクリニックは多く存在するのです。
剪除法は、切除法と同じく体を切開する事によってアポクリン腺を除去する方法です。
切除法と違う点は、切開を行なう部位をごくわずかに絞る事ができる点でしょう。
切除法では、腋の下を切開した後に裏返して治療を行なうため、どうしても傷口が大きくなってしまうものです。
しかし、剪除法は患部を裏返すことなくアポクリン腺を除去するため、傷口の大きさを抑えられます。
腋の下をメスで切開したあと、剪除法では専用のはさみを使用し、施術を行います。
切開した部位から専用のはさみを差し込み、問題となるアポクリン腺の除去を行なうのです。
はさみが入るだけの大きさを切開すればいいので、傷口は比較的小さなもので済みます。
切除法とは違い、体に負担が少ない治療法として、多くの人がこの手術法を利用しています。剪除法を行なう人の中には、わきが治療に利用するだけではなく、脱毛効果を期待して治療を受ける人もいます。
剪除法では、医療用のはさみを使用してアポクリン腺を切り取りますが、同時に毛根も切除する場合があります。
気になる腋の下の毛を綺麗に除去できるとして、女性などがこの方法を利用する場合があるのです。
剪除法では、わきが治療による傷跡を目立たせないよう腋のシワに合わせて切除するため、傷跡を目立たせなくない人にも利用できるでしょう。