わきが治療のクリニックが持つ、治療機器の効果とは

超音波の利点

わきが治療として行える方法には、超音波を利用した治療法存在します。
超音波吸引法とも呼ばれ、超音波によってアポクリン腺を破壊し、除去することができるのです。
この超音波吸引法では、腋の下をわずかに切開した後、専用の機器を差し込むことでわきが治療を行えます。
超音波を発するカニューレを脇の下に差し込ませることによって、広範囲に渡ってアポクリン腺を破壊することができるのです。
超音波によって十分に破壊した後、吸引器によって破壊したアポクリン腺を除去するのです。
超音波吸引法では、傷口が大変小さなものとなるため、使用するクリニックも多く存在します。
手術後は傷口にテープを張り、一日圧迫し続けることでケアを行なうことができます。
僅かな範囲とはいえ体を切開するため、たとえ傷が癒えたとしても、色素が沈着してしまい、痕がのこってしまうのでは、と考える人もいるでしょう。
しかし、超音波吸引法での傷跡は時間経過によってすぐに目立たなくなります。
専用の軟膏を塗ることで、こうした傷跡はすぐに癒えるため、色素が沈着する前に、完全に治すことができるでしょう。超音波吸引法も、効果的なわきが治療法として多くの人に利用されています。
切除法や剪除法とは違い、ダウンタイムが小さいため、治療を行なった後でもすぐに普段の生活に戻れます。
この超音波吸引法では、わきが治療を行なったあとで、ケアの仕方も教わります。
治癒効果を上げるマッサージの仕方も教わるため、傷跡も残さず綺麗にわきが治療を終えることができるのです。